2014年 鎌倉花火大会に行ってきました。

Evernote Camera Roll 20140725 081157

2014年は、海の日を過ぎたあたりから関東は、梅雨明けしましたね!さぁ、短い夏を楽しんで行きましょう〜( *`ω´)

ということで、夏といえば花火大会ですよね!

そこで、鎌倉花火大会に行ってきました。7,8年前に親と見に行って以来ですね。
鎌倉花火大会は、基本的に平日開催になるので社会人になってしまうと見に行きづらい花火大会でしょう。特徴としては、水中花火があることでしょう。それ目当てで今回久々に見に来ました。

話は変わりますが、行きの電車でママさんたちが「旦那との初デートが鎌倉花火大会だったの!けど社会人になってからは平日だから一緒に行けなくなっちゃたのよね〜。」と会話してるのが聞こえてきました。これはとても寂しいことですよね〜。社会人ってなんなんだろうかって思う反面、旦那さんも気を利かして有休取っちゃいなYOって思っちゃいましたけど笑 あ、私が初めて花火大会を見たのどこなんだろう。

まぁそれはさておき、花火写真撮影時の設定方法も簡単に紹介しますので、もし興味があれば一度は試してみてください!

鎌倉花火大会

【詳細】
開催日:2014.07.23 午後7時20分〜午後8時10分
場所:由比ケ浜海岸、材木座海岸

【プログラム】
第一景〜ようこそ鎌倉花火大会へ
第二景〜サポーターズ花火
    メッセージを読み上げながら花火を打ち上げます。
第三景〜鎌倉花火大会

16時過ぎぐらいに会場に到着し、材木座海岸の方へ行ってみました。ここにはカメラマンがたくさんいましたね〜。
そしてそして、先月買ったVelbonの三脚と5D markⅢのデビュー戦になります!

花火写真

【使用機材】
ボディ:Canon 5D markⅢ
レンズ:EF 28-70mm F2.8L Ⅱ USM
レリーズ:Canon リモートスイッチ RS-80N3
三脚:Geo Carmagne N645M

【設定】
F値:11〜16
ISO:100
WB:オート
ピクチャースタイル:ナチュラル
フォーカス:マニュアル

まずはフォーカスをマニュアルにして、花火の光に対して焦点を合わせます。基本夜間の撮影になるのでオートだとうまくシャッターが下りないため、マニュアルにしておく必要があります。ライブビューが使えるなら、拡大して焦点を合わせればより正確にできます。ISOは100ぐらいで良いでしょう。ここまでが前提条件ですね。

F値はシャッターをどれだけ開けておくかで、数値が変化していきます。シャッターを長時間あけておくなら、F値は大きい方がいいです。小さいとすぐに真っ白になってしまうでしょう。このあたりは経験になってしまうので数をこなす必要があります!

私はなかなかフィナーレの写真がうまく撮れていません…ついついシャッターを開けすぎてしまって、真っ白くなってしまうからです。

今回は、スターマイン系の写真がうまく撮れてないので単発シリーズの写真です。

普通の打ち上げ写真が2枚です。
鎌倉花火1

鎌倉花火2

水中花火の写真が2枚です。
水上花火1

水上花火2
水中花火は、船上から水中に向かって花火が打ち上げられ、着水した後比較的浅いところでバーンと花開く花火です。

感想

久々に海で打ち上げる花火を見たので、波の音を聞きながら、砂にまみれたりと楽しかったです。花火の光で海が反射してるのもまた良いものでした。ちょっと残念だったのが屋台の食べ物ですかね…大量生産しないといけないから、質より量に偏ってしまうと思いますが、いろいろと残念ではありました。帰りは、だいぶ混雑してはいましたけどすんなり帰れました。


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark III ボディ EOS5DMK3
キヤノン (2012-03-22)
売り上げランキング: 19,435

Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F2.8L II USM フルサイズ対応
キヤノン (2012-09-06)
売り上げランキング: 7,938

関連記事のご紹介