キヤノンビデオカメラで自転車の車載動画を録ってみた。

キヤノンビデオカメラ車載

1年前に投稿することを忘れており、温めていた記事です。ContourROAM2と比較するために、今更投稿してみます。事の発端は、2011年11月に映画「バイシクルロード」を見たことによる衝動でした。自転車の車載動画を記録したい!みんなに見せたい!と考えるようになってからです。


■適当にビデオカメラを選ぶ

そこでCanonのビデオカメラを購入してみました。自転車の車載専用カメラはいくつかありますが、用途は自転車だけではないと考えて、普通のビデオカメラを選びました。なんでこのビデオカメラにしたかというのは特にありませんが、Amazonで安かったからです笑 ただこの手のビデオカメラで車載動画を撮る場合に、気にするところは広角かどうかです。大丈夫だろと思っていましたが実際に使ってみると画角が狭くて気になりました。下記のようなワイコンが必要になってくるみたいです。

トダ精光 ケ-タイレンズ K-701 WIDE0.5倍 アルミミウム製 シルバー トダ精光 ケ-タイレンズ K-701 WIDE0.5倍 アルミミウム製 シルバー

トダ精光
売り上げランキング : 16613

Amazonで詳しく見る

■どうやって自転車に取り付けるか

さて、こんな大きなものをどうやって自転車に取り付けるのか、が問題になってきます。ネットサーフィンをしてパイオニアたちを探します。2パターンの人に分かれてました。

一つ目は、雲台を自作した人の記事。フレームかハンドルでどちらに取り付けた方がより良く撮れる(カメラに伝わる振動が少ないか等)か比較しています。自作するのは面倒くさい。

二つ目は、三脚などに取り付けるクランプヘッドを自転車のハンドルに取り付けた記事です。

これだ!!とGIOSのハンドル口径を測って、クランプヘッドロアーⅡを購入しました。

SLIK 三脚アクセサリー クランプヘッド38 パイプ径28~38mm用 209615 SLIK 三脚アクセサリー クランプヘッド38 パイプ径28~38mm用 209615

スリック
売り上げランキング : 68727

Amazonで詳しく見る

■近所で撮ってみた

キヤノンビデオカメラ車載
ビデオカメラともどもハンドルに固定して取り付けてみました。ちょっと異様な姿ですね、ビデオカメラの存在が際立っていますね。これで、録画しながら走行するとどうなるのか。

石神井公園あたりを走ってみました。若干悪路なので揺れますが、走行中そんなに振動が伝わってないように思っていましたが、ちょっとした衝撃でもかなり影響を受けているようです。しかもこれかなりゆっくり目に走ってます…
以下、車載動画を撮ってみた感想。
・速度や路面に応じて、画がブレる。・ビデオカメラが振動に耐えうるのか。
・カメラによりますが、私のだともうちょっと広角側が欲しいので前述のとおりワイコンが必要です。

■結論

映像を見て分かると思いますが、カメラに衝撃が直に伝わっているため、衝撃吸収するための雲台が追加で必要みたいです。この次は、雲台を自作したブログ記事がアップされるかもしれませんね!

うん、1年後にContourROAM2買いましたよ。

関連記事のご紹介